<   2017年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

一週間の始まり

月曜日です。
5月29日・・・幸福の日だそうです・・・

昨日は、
腫瘍認定医Ⅰ種の資格を持つ先生のところへ行ってきました。
そして、
だんだん頭の中、整理がついてきました。

ダンケは考える時間をくれなかったけど、
ラウルスはくれました。
その贈り物を無駄にしないようにします。

ラウルス、食欲はいまひとつ、いや、いまふたつだけれど、
散歩では元気に歩きます。
ちょっとぶれてる1枚。
歩くのが早くてピントが合わなかった(笑)
f0363141_10213497.jpg
いつものチェック場所でもいつも通り。
ここは気になるポイントだそうです。
f0363141_10225396.jpg
そして、
最近登場してないアルクスですが、
おりこうさんに過ごしてます。
ラウルスやママに合わせた行動をしてくれます。
すごいです。
びっくりです。
f0363141_10254915.jpg
いいニュースもあります。
だめになっちゃったかな、と思っていたオリーブに新芽が出てきてくれたこと。
f0363141_10281752.jpg
f0363141_10283012.jpg
もうひとつ。
次女にもいいことがあったようです。
f0363141_10344821.jpg


泣いてしまった日もあったけど、
大丈夫!
元気に1週間スタートです。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-29 10:36 | 日常 | Comments(4)  

・・・5月26日・・・

昨日、手術で摘出した脾臓の組織病理検査診断書と
骨髄塗抹診断書が届きました。
結果は・・・とても悪いものでした。

今後の治療方針について、
獣医の話を聞き、
家族で話し合い、
家族でたくさん話し合い、
それでも、何が一番いいのか、迷います。

今日は術後1週間。
血液検査等をしてもらいました。
貧血が進んでいるかな、とか、
腎臓や肝臓は大丈夫かな、とか心配していたけれど、
数値は大丈夫でした。
そこで、また話を聞いたのだけれど、
獣医もこれがベスト、というものは打ち出せず、
飼い主の気持ち、といいます。

飼い主の気持ち・・・

昨日の散歩ではこんな笑顔のラウルスです。
f0363141_1242570.jpg
こんな笑顔のラウルスでいてほしい。
延命のための痛さや辛さは、ラウルスに与えたくない。

腫瘍認定医の意見も聞きたく、
診療時間ぎりぎりに駆け込みました。

それでもまだこうしよう、これが一番いい、と決められません。

フラットですからね、という医者もいるけれど、
そんなくくり方はしないでください。

今日はダンケの誕生日。
ダンケ・・・
ラウルスはダンケと同じ病気になっちゃった。
でもね、手術には負けなかったんだよ。
なんて、ついつい語りかけてしまいます。
そして、
現実を受け止めながらも、
心の片隅でミラクルが起きないかな、なんて、まだ思ってしまう。

辛いのはラウルスなんだから、
ママはファイト!だね。
まずは、11歳になれるよう、
ラウルスが美味しいって思えるものをみつけて、
食欲を取り戻せるようにしなくちゃ、だね。
そう、泣いてちゃいけない。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-27 01:53 | ラウルス | Comments(0)  

花丸な朝

今朝は花丸なスタートでした。

アルクスの朝一散歩から戻ったら、
ラウルスが起きてきて、
ボクもお外に行こうかな、という素振り。
少し歩いたら、
朝ごはんも食べておこうかな、という素振り。

ゆっくりだったけど、
完食してくれました・・・花丸1・・・

ちょっと庭にも行きたいな、というので、
出してあげたら、
探検してました・・・花丸2・・・
f0363141_16162448.jpg
娘が出勤前によってくれたら、
今日は食欲あるんだけど、という素振り。
もう1度、朝ごはんをあげてみたら、
また、完食してくれた。
そしてこの笑顔・・・花丸3・・・
f0363141_16181341.jpg
もしかして、もしかして、食欲回復してきたのかな、
なんて思ってしまったけれど、
その後、7時間、寝続けました。

ちょこっと起きて、
今はまた静かに寝ています。
f0363141_16232040.jpg


食欲がでてくれるといいな。
ママはスーパーに行くと、
これはどうかな、あれはどうかな、って、
ラウルスのことばかり思って買い物しちゃいます。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-24 16:29 | 日常 | Comments(0)  

術後5日目 @ラウルス

術後2日目に退院し、
3日目から、自宅のラウルス。

ほとんど寝てます。
体勢を変えたときの音、
夢でも見ているのか、後ろ足を動かす音、
時々そんな音が聞こえてくるけれど、
ラウルスの気配が感じられず、
ちょっとかなしい気持ちになったりもするママです。

動物はね、ダメージから回復するために、
飲み食いでエネルギーを消費しないよう、
ひたすらねむることがあるんだよ・・・とワン友さんの言葉に、
救われたママです。

食欲はあまりないかな。
こちらが促し、
トッピングの魅力を誇張して、
食べてもらっている、という感じ・・・それでも術前の7割程度は食べてるかな・・・

排便排尿は、問題なし。
散歩も行きたいな、歩きたいな、とリクエストすることもあります。

薬が嫌いになりました。
チュアブルタイプのものも拒否します。

でもね、ラウルスって、いつも昼間寝ているイメージだよって、家族みんながいいます。
そうだよね、
アルクスも寝ているものね。
ママが台所に立ったとき、
いつもは、冷蔵庫を開ける音でもなになにだったけど、
寝続けてる・・・
臭覚や聴覚、どこいった?

この場所がお気に入り。
傷口を気にすることがあるので、エリザベス登場しています。
f0363141_1073271.jpg

[PR]

by ff-danke | 2017-05-23 10:08 | 病気&怪我 | Comments(2)  

ラウルスのこと @5月20日

朝10時頃、病院へおくりました。
食べないかも・・・だけど、フードとお豆腐を持参しました。

この日は娘が勤務している日。
それも一因か、
前日よりはだいぶ元気になってると、VTさん。

持っていったフードも缶詰を4分の1ほど混ぜて完食したそうです。
ゆっくり点滴して、
午後6時半、帰宅となりました。

迎えに行ったとき、点滴の針を外していたんだけれど、
治療終了とは思わなかったママです。
でもね、病理の結果が出るまでは、まち、の状態。
急変しない限り、
自宅療養となりました。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-21 10:44 | 病気&怪我 | Comments(4)  

ラウルスのこと @5月19日

一夜明けました。
生きてます。
消化器系の手術ではないから、
食欲があるのであれば、食べることもいいそうです。

まずは、お水。
少しずつ、与えます。
飲んだ、吐かない・・・にほっとしました。
f0363141_9494692.jpg
次に欲を出してフードを。
プイって顔されて、
そうか・・・ってすこしがっかり。
でも缶詰のものに、少しだけぺろ。
f0363141_9515412.jpg
そして、たちあがります。
トイレに行きたい様子。
明るい顔つきにほっ。
f0363141_9525828.jpg
術後、6時間位なのに、
排便排尿にびっくりです。

病院の開院時間に娘と一緒に帰宅しました。
ラウルスは点滴等の処置があり、入院。
娘がいない病院の不安もあったのか、
この日の昼間は、水を飲んで吐いたり、
フードもまったく受け付けなかったそうです。

夜は、娘に様子をみてもらうからと、一時帰宅を申し出ました。
ゆっくり自分の足で車にのろうとし、
すごく元気ではないけれど、
衰弱しきった様子でもないラウルスでした。

帰宅後、やっぱりフードには全く興味を示さなかったけれど、
そういえば・・・とこんなものを出してきました。
f0363141_10135647.jpg
そして、食べた。
寝たままでもいい、食べて元気にな~れ!
f0363141_10175670.jpg
そして、そして、人の夕食のとき、
起きた!!
嬉しい光景でした。
f0363141_10201325.jpg

[PR]

by ff-danke | 2017-05-21 10:22 | 病気&怪我 | Comments(0)  

ラウルスのこと @5月16日~5月18日

今回、まわり道しちゃったな、と反省したのは、
とりあえず、の病院へ行ってしまったこと。

その病院で、
こちらからのリクエストで撮ってもらったエコーで悪いものが見つかった・・・
腫瘍だろうな、と思い、
転移を確認したかったから、
肺等のレントゲンをリクエストしたら、すぐには撮れない、予約制、といわれ、びっくり。
そして、摘出手術も
年齢的に、グレーゾーンと消極的でした。
娘に伝えると、
うちの病院なら摘出をすすめるかもな、って。

で、16日。
相談も兼ねて、娘の勤務する病院へいきました。
その時のラウルス。
f0363141_6424452.jpg
エコー、レントゲン等をとりました。
誤診だといいななんて思っていたけど、脾臓にはやはり、なにかありました。
でもね、
それほど大きいものでなく、
緊急を要するほどでもない、と。
そして、ほかの臓器に転移はみられない、と。

朝、食べたそうにしなかったので、
大好きな病院でなら食べるかな、とフードを持参。
缶詰をトッピングしてもらって、完食。
ひさしぶりに勢いのある食べ方でした。
その様子を見て、
院長先生…手術はいそぐこともない、と。

実はこの週末、母のお祝いの旅行の計画がありました。

最後になるのかな、
まだ元気だから手術前に行って、いい思い出つくろうかな、とも思いました。
院長先生もいってらっしゃい、といってくれました。

16日の夜、娘の勤務する病院で、勉強会があるとのこと。
病理診断の先生がいらっしゃるので、
細胞診しておきますか、ときかれました。
ラウルスのエコー画像は、あまり見たことのないようなものらしく、
今後の治療方針の糧になると。
でもね、良性でも破裂すると聞くので、
摘出して病理に出すほうがいいと思い、一度はことわりました。

それから二転三転あり、
結局、細胞診して、悪いものであることがわかりました。

脾臓にあるものは小さいものが多数だったのですが、
この段階でもすぐ摘出手術、と緊急性は先生方にはないようでした。

でも、医学的な根拠はないのだけれど、
なんとなく、
なんとなく、なのだけれど、
日に日に悪くなっているように感じるママでした。

18日朝、この日、休みだった娘が来てくれて、
ラウルスの貧血が進んでいる、と指摘。
で、数値からも確認しようと、病院へ。
指摘通り、すすんでました。
心臓を検査してもらったりして、
いろいろな説明をきいて、
摘出するなら、体力がまだある、今ではないか、と思いました。

アルクスとクロスマッチテストをし、
適合したら、
神様がゴーサインを出しているのでは、と思いました。

でもね、適合せず・・・
ここでまた、迷いが出ました。

細胞診から悪いものと、わかっているので、
手術しないで余命をいく。
それまでに、破裂したら、それも運命。
手術で予後が悪かったら、手術を後悔すると思うから。
その一方、
脾臓だけに悪いものがあるのなら、とってしまえばいいのではないか・・・
転移は見受けられず、
あと調べる個所は骨髄。
これは検査に全身麻酔となるから、
脾臓摘出と同時に検査してもらえばいい・・・
そうすれば、治療できるものかどうか、はっきりします。

アルクスと適合しなかった時点で、
娘と院長先生の間では、
供血犬をさがし、
早くて21日に手術、と話していたようでした。

でもね、体力がもっと落ちてしまうのでは、と思うママ。
ワン友さんに連絡しました。
供血していただけないかと。
すぐ向かえるよ、っていってもらえて、
院長先生に相談します。
そして、15時半からのクロスマッチで適合すれば、夜、手術しましょう、ということに。

プリエママさんがマノアちゃんとこなつちゃんを、
ククルママさんがリオン君を連れてきてくれました。
1回の電話で連絡がついたこと。
自宅にいたこと。
すぐ対応してもらえたこと。
神様からのゴーサインだ、と思いました。
こなつちゃんと適合し、夜の手術となりました。

ラウルスも供血したことあるのだけれど、
処置室でのことで、
実際の様子を見たことはありませんでした。
こなつちゃんの血をとるのをみて、こんなに大変なことなんだ、
ほんとに尊いことなんだ、と思いました。
感謝の言葉しかありません。

18時半、輸血がはじまりました。
ゆっくり入れていきます。
勤務の日でなかったので、ずっと娘に付き添ってもらえます。
f0363141_9263463.jpg
仕事帰りに突然来て、エールを送ってくれた次女。
犬が病気で・・・と早く帰宅したいと申し出たそうです。
f0363141_928247.jpg
ラウルスを預け、帰宅。
ダンケは同じ病気で、麻酔からさめなかった・・・
11年前のことが頭によぎるけど、
きっと大丈夫。
20時25分、麻酔をかけました、と。
20時31分、助手に入ります、と。
22時41分、無事、終わり、覚醒してます、との連絡。

娘が泊まって付き添うとのことなので、
ママも許可していただいて、
ラウルスと一緒に診察室で一夜を過ごしました。

明け方のラウルス。
f0363141_938754.jpg
朝陽を浴びてます。
その向こうに娘。
手術したあと、うとうとしながらの一夜。
長い長い夜が明けました。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-21 09:44 | 病気&怪我 | Comments(0)  

ラウルスのこと @5月13日~5月15日

ちょっと気になることを、書き留めておくノートがあります。
f0363141_4494931.jpg
そのノートを見直すと、3月末に、
ラウルスの食欲が気になる・・・と書いてありました。
排便排尿はOK。
フードを残すことはないが、食に対して消極的、と。

はじめてフードを残したのが4月8日。
でもね、2粒。
アルクスは、もう、のこってないかな、って食べ終わっても、
お皿を舐めて、
ひっくりかえしたらついてるかも、ってがちゃがちゃするのだけれど、
ラウルスはあっさりしていて、
ちょこっと残っていてもごちそうさま、という日常なので、
この日は、残ってますよ・・・って笑いました。

2粒残しが二日続いて、
翌日、8粒残しました。
あれ、って思って、写真を撮った・・・
でも、8粒なんて、残したうちにはいらない。
お皿にくっついてるフード、面倒になったのかな、なんて思ってたママです。

人の食事のときは、元気いっぱいだし、
残すのは朝だけだし、
散歩は元気に歩くし、
気にはなったけど、
それほどどうしたんだろう、とは思いませんでした。

そして、トッピングを変えてみました。
ヤギミルクをふりかけてみたり、
大根おろしを加えてみたり、と。
食べ方はゆっくりだけれど、残すことはなくなっていたのに、
ひとつかみほど残したのが4月24日。

読み返していくと、
今なら、気になる症状が書いてあります・・・
でもね、その時は、歳をとったのかな、とか、
疲れているのかな、とか、思ってました。

GWに旅行を予定していたので、
心配したままはよくないと、病院へ行ったのが4月27日。
急性腎不全の時のことを思い出し、
尿検査をしてもらいました。
結果は、よくなっていて、ほっとしたママでした。
車に慣れてるラウルスだし、
出かけて大丈夫・・・GW後に春の健康診断をしましょうか、と院長の言葉に、
そうしよう、楽しんでこよう、と思いました。

朝起きる時間が遅くなったこと。
自分の食に対して、なんだか勢いがないこと。
気にはなったけど、
重篤な病が、なんては思わなかった・・・

5月13日は母の誕生日で、実家に行きました。
ラウルスの様子をみて、
いつもと同じ、って母。
台所に立つ母にスタンバイしているラウルスは、
ほんと、いつもと同じでした。
f0363141_5373043.jpg
14日の散歩の様子。
いつも通りに歩いて、
いつも通りにいい笑顔で、リクエストに応えてくれてました。
f0363141_541886.jpg
f0363141_5412720.jpg
14日の夜、娘夫婦が母の日のプレゼントを届けに来てくれました。
BBQの時にあっているので、1週間ぶり。
その時のラウルスの様子に異変を感じたようで、
じゃあね、って帰宅したのに、ちょっと戻るって、涙声の電話。
ママもここ数日のラウルスの様子が気になってました。
ほんのささいなこと・・・
冷蔵庫を開けてもこないとか、
食事の支度をしているときのスタンバイの位置が遠いな、とか・・・

なんだかこわくて・・・これがいけなかった、と悔やみます。
GWの疲れがとれたな、って感じてから検査をしよう、っておもってたけど、
明日、病院へ行こう、と決めました。

で、15日。
血液検査では、少し貧血気味。
エコーで脾臓に悪そうなものがうつりました。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-21 06:02 | 病気&怪我 | Comments(0)  

朝散歩 @5月12日

GWの疲れはとれたであろう・・・12日。
ワン友さんに誘われて、プチスペシャルな朝散歩です。
こんなとこ。
f0363141_1575830.jpg
f0363141_1581341.jpg
そして、広場へ着いたら、
こんなおふたりさん。
気持ちいい!のラウルスと草が美味しい!のアルクス。
f0363141_1510117.jpg
たっぷり、草の感触を楽しんで、
さぁ、帰ろう、としたら、
石の上で動かなくなったラウルスです。
ここで、休んでいこう、とアピール。
f0363141_15124896.jpg
動きたくなるまでどうぞ、って、待ちます。
5月とはいえ、気温が高く、ご老体には堪えるようです。
苦手な夏が近づいてきたね。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-16 15:17 | Comments(0)  

GW2017 締めは鰻で・・・

南伊勢での3泊4日。
GW中に、それも3泊も・・・かなり久しぶりの旅でした。
4月後半、ラウルスの体調に不安を感じ、
病院で相談してからの出発でした。

ラウルスのペースに合わせながら、
体調を崩すこともなく、食欲のほうもまずまずで、
無事帰宅できました。

お世話になったトレーラーハウス。
f0363141_8214451.jpg
そして、車中のラウルス。
ときどき、風を感じてました。
f0363141_8223719.jpg
そして締めは、鰻。
浜名湖に寄り道。
f0363141_8232959.jpg
f0363141_8234629.jpg
f0363141_824717.jpg
お疲れのアルクス。
人の美味しいものには反応が早いラウルスものせておこう。
f0363141_833529.jpg
f0363141_8341451.jpg
いい旅でした。
計画をしてくれたパパさんに感謝。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-15 08:29 | 旅行 | Comments(0)