カテゴリ:ラウルス( 9 )

 

抗がん剤投与、14日目

はやいもので、もう2週間です。
血液検査のため、地元の病院へ行ってきました。

体重は31.82kg。
元気な頃より減ってはいるけれど、ここ2週間は維持できてます。
もっと食べて、と思うママだけど、
あまり動かないし、維持できているのだから、いいんだね。

PCV値も元気な頃より低いけど、横ばい状態なのでよし。
純白血球、好中球、血小板の数値は上昇傾向で、ほっとした結果でした。

入院中は少し軟便で、薬のお世話になっていたそうですが、
退院後は薬なしでいいモノ、だしてます。
多飲でないのに、多尿かな、と思ったこともあったけど、
食事の際の水分量が多いことに気が付きました。

この調子であと1週間すごし、
2回目の投与ができて、
癌をやっつけてくれるといいな、と思います。

写真は散歩の後のラウルス。
門を入ったところで、ささっと玄関に行かないと、
ここで、休憩になります。
f0363141_13262720.jpg
ここで休憩すると、
動きたくない、ってなります。
あごをのっけて、
ちょっと、ボクの時間くださいな、のラウルス。
f0363141_13294577.jpg
アルクスがちっちゃかったとき・・・
うちの仔になって少ししたころ・・・
この格子に顔を突っ込んで、ぬけなくなって焦ったなぁ、なんて思い出します。
あのときは、ほんとあせってしまったママです。
入ったのだから、抜けるはずなのにね(笑)
[PR]

by ff-danke | 2017-06-17 13:34 | ラウルス | Comments(0)  

退院しました

6月12日の夕方、退院することができました。

主治医から、10日間の様子を聞き、
今後の方針を確認し、
帰宅しました。

娘たちとアルクスがお迎えに付き添ってくれました。
心強かったな。
パパさんは、
ケーキやお赤飯、シャンパンを仕事の帰りに買ってきてくれました。
迎えることに精いっぱいで、
そういうことに頭が回らなかった、ママでした。

みんな、ありがと。
そして、何よりも一番頑張ったラウルス。
笑顔で帰ってきてくれて、ありがと。

まずは、ろうそくに灯をともしているところから。
ラウルスが嬉しそうにみています。
f0363141_13341298.jpg
こんなケーキ。
入院する前、苺も食べたくないです・・・って拒否したラウルス。
ママはそれをみて、かなり悲しかった。
でもね、苺食べますよ、のラウルスに戻ってました。
f0363141_13355126.jpg
食卓の横にスタンバイするおふたりさんの光景・・・久しぶりです。
こうでなくっちゃね、とカメラを向けます。
f0363141_13372750.jpg
途中で、疲れて伏せちゃったけど、
おかしいな、って思う前のラウルスではないけれど、
10日前よりは元気になってました。

これから、どんな日々が待っているんだろう。
一日一日を大切に過ごしていきます。

ラウルスが入院していた10日間は、
家族、そしてお友達の温かさを感じた10日間でもありました。
ありがとう。
感謝の気持ちでいっぱいです。
[PR]

by ff-danke | 2017-06-13 13:47 | ラウルス | Comments(1)  

ママの気持ちあれこれ・・・

ブログをはじめて、10年8ヶ月・・・
A型のママは、
日々の記録、とほとんど毎日更新していました。

命に係わる病気になったらどうしようかな、
つらそうにしている姿にカメラは向けられないな、
このブログは、楽しかった思い出だけを綴っていきたいな、
なんて思っていました。

でもね、文字にすることで気持ちの整理がついたり、
ブログを通して、
お友達から優しい気持ちや励ましもたくさんいただいて、
ひとりじゃないっていうか・・・
ここ数日、温かな気持ちやメッセージに感謝し、涙腺が緩んだりしています。

で、
ラウルスが頑張っている記録も残していこう、って思いました。

6月2日、午後二時にラウルスは抗がん剤を投与したそうです。
前日、検査のために絶食だったせいもあるのか、
病院での食事は完食、と聞いて、まずは、ほっとしたママです。
寝ていることが多いそうですが、
人が通ると、かまってちゃん、とか。
散歩も元気にいってます、と報告を受けました。

6月5日、投与後3日目。
食欲不振も副作用の一つ、と聞いていましたが・・・
残すこともあるけれど、あとで食べたりもして、
一日の必要カロリーの8割程度は食べている様子。
うちでは、ほとんど食べなくなっていたドライフードを食べていることを聞き、びっくりです。
そして、ad缶、ゆでたささみ等も食べているとのこと。
ささみなんて加えてもらえるんだ・・・なんて娘の感想。
食事も3回に分けてくれているようだし、
手をかけてくれていて、有難いな、と思いました。
吐き気はなし。
便は柔らかめ。
貧血の進行なし。
10歳のフラットにしては寝ていることが多い印象とか。
1日目より落ち着き、人が通ってもわさわさしないとか。
つらいから静かなのか、ちょっと見極めは難しいけれど、
ラウルスって、どちらかというとおとなしいフラット、のほうだと思うから、
この日も、報告に安心しました。

6月7日、投与後5日目。
白血球のほうに副作用が出始める時期です。
食事は、完食しているけれど、看護師の手から、だそうな。
完食してるんだ、すごいすごい、って思うようにしました。
想定内の副作用・・・白血球の好中球数は減少しているそうです。
でも発熱はない。
もっと数値は下がるだろうけれど・・・5日から7日がピークだそうです・・・
下がりきって、また上がって、落ち着いたら退院とのこと。

副作用は想定内なのに、
医学的には何の問題もないらしいのだけれど、
数値の変化に動揺してしまったママです。

今日はどんなふうに過ごしているだろう。
会いに行かないの、って言われるのだけれど、
ラウルスのペースをママの気持ちで乱したくないな、と思ってます。

ママは、こんなラウルスをまだまだ見たいよ。
ファイトだよ!!
ママもファイト、頑張るからね。
f0363141_10412667.jpg

[PR]

by ff-danke | 2017-06-08 10:41 | ラウルス | Comments(1)  

ママの気持ち

ラウルスが癌になっても、
抗がん剤の治療は選択しない・・・ってずっと思ってました。
だから
ラウルスにちっちゃなポチを見つけても
経過の観察はしてたけど
細胞診とかはしませんでした。

でもね、
完治できる病気とか
薬と上手に付き合っていけばつらくない病気なら
治療する。
そのときに諭吉さんが足りないと困るから
ラウルス貯金をしよう、とはじめたのが、5年前です。

5月16日に脾臓の影は悪いものかも、と知り、
5月18日に摘出手術。
5月25日に悪いものかも、でなく、悪いものとわかりました。
そして、翌日の26日、
脾臓だけでとどまっていますように、と願っていたけれど、
合わせて調べた骨髄へも浸潤しているがわかり、
かなり厳しい結果になりました。

抗がん剤治療はしないって決めてたママだけど、
緩和治療だと数週間、という余命を聞き、
抗がん剤の長所短所を専門医から聞き、迷いました。

悪いもの、とわかった日、
さらに専門医の意見も聞きたく・・・
文献ではなく、臨床経験からの意見を聞きたく、
埼玉にある日本小動物医療センターに予約を入れてもらいました。

でもね、とれた予約は6月15日。
治療は抜糸後に開始できます。
抜糸は5月末。
この予約日までの2週間をただ待つ、というのはいけないと思い、
15日につなげる治療をお願いしたのが28日です。

29日夜、医療センターより、予約を早められますと、連絡がありました。
よくわからないけれど、
ラウルスの症状は重篤であり、
緊急枠に入れてもらえたようです。
で、30日に治療をお願いしていた病院へその報告に行き、
これからのことを相談し、
家に戻り、
家族とそれぞれの想いを確認し、
医療センターの小林先生の話を聞き、
納得できたら、ラウルスのこと、託そう、と決めました。

そして、6月1日。
もう少し詳しい検査をして、
抗がん剤には負けない数値を確認し、
治療を始めることにしました。
ひとつだけ、想定外なこと・・・
抗がん剤投与の後、
副作用が落ち着くまで入院、ということ。

ここ数日、弱っているラウルスを見て、
急変したら、
近くのお医者さんで対応できるのだろうか、という不安もありました。
だから、
入院と聞いて、
ラウルスはママが思っている以上に状態が悪いことを知りました。

託したからには、信じるしかありません。
きっと元気になる。

診察を待つラウルス。
いい顔しています。
f0363141_9374692.jpg
診察が終わって、
検査のために奥へ行くラウルス。
一度もふりかえりませんでした。
検査結果を聞きに行ったとき、会いますか、といわれたけれど、
会わないで託してきました。

来週は11歳のお誕生日。
その日までに復活して、
お祝いができるといいな。
[PR]

by ff-danke | 2017-06-02 09:46 | ラウルス | Comments(2)  

・・・5月26日・・・

昨日、手術で摘出した脾臓の組織病理検査診断書と
骨髄塗抹診断書が届きました。
結果は・・・とても悪いものでした。

今後の治療方針について、
獣医の話を聞き、
家族で話し合い、
家族でたくさん話し合い、
それでも、何が一番いいのか、迷います。

今日は術後1週間。
血液検査等をしてもらいました。
貧血が進んでいるかな、とか、
腎臓や肝臓は大丈夫かな、とか心配していたけれど、
数値は大丈夫でした。
そこで、また話を聞いたのだけれど、
獣医もこれがベスト、というものは打ち出せず、
飼い主の気持ち、といいます。

飼い主の気持ち・・・

昨日の散歩ではこんな笑顔のラウルスです。
f0363141_1242570.jpg
こんな笑顔のラウルスでいてほしい。
延命のための痛さや辛さは、ラウルスに与えたくない。

腫瘍認定医の意見も聞きたく、
診療時間ぎりぎりに駆け込みました。

それでもまだこうしよう、これが一番いい、と決められません。

フラットですからね、という医者もいるけれど、
そんなくくり方はしないでください。

今日はダンケの誕生日。
ダンケ・・・
ラウルスはダンケと同じ病気になっちゃった。
でもね、手術には負けなかったんだよ。
なんて、ついつい語りかけてしまいます。
そして、
現実を受け止めながらも、
心の片隅でミラクルが起きないかな、なんて、まだ思ってしまう。

辛いのはラウルスなんだから、
ママはファイト!だね。
まずは、11歳になれるよう、
ラウルスが美味しいって思えるものをみつけて、
食欲を取り戻せるようにしなくちゃ、だね。
そう、泣いてちゃいけない。
[PR]

by ff-danke | 2017-05-27 01:53 | ラウルス | Comments(0)  

・・・復活・・・

安心してください・・・
ボクはいつもと同じだよ、ってラウルス。
f0363141_9505396.jpg
昨日の午後あたりから、
おふたりさんのがうがうもはじまりました。
ぶれぶれだけど、記録しておこう。
f0363141_10242319.jpg
f0363141_1024362.jpg
f0363141_10244860.jpg
ママのごはんに、
ママの散歩コースに、
抗議してたんじゃないの?って次女。
そう?
そんなこといわれると、そんな気もしてくる・・・
でもね、
それだけではなかったような。
なんだったんだろうな。
[PR]

by ff-danke | 2017-01-09 10:31 | ラウルス | Comments(0)  

いつもの朝

どうした、ラウルスって思った昨日の午後。

やっぱり、何か、いつもと違うんだよなぁ・・・
娘が10歳過ぎたら様子見はなし、だよって
このお正月に言われたことを思いだしました。

でもね、
きっと病院へ行っても、何もわからないだよな、とも思いました。

だんだん暗くなってきて、
20分くらいのお留守番をしてもらって帰宅したとき、
お留守番ありがと、のおやつをごそごそしたとき、
反応しないラウルスになんだか胸がざわざわしちゃいました。

熱を測ってもらうだけでもいいね。
口の中の色をみてもらうだけでもいいね。
心配しすぎかもしれないけど、
やっぱり病院へ行こう、と思ったママです。

ラウルス、行こう、って声をかけたら
すんなり行こうとしたラウルスにほっ。
車に乗るときも、軽々乗ったラウルスにほっ。
病院に近づくと、公園に近づいたような喜びを表したラウルスにほっ。

診察結果は大丈夫、とのこと。
レントゲンとかもとったのだけれど異常なしでした。
ここ数日の寒さで、
腰等に痛みが出ているのかも、と痛み止めを処方されました。

駐車場に戻ろうとすると、
いや、ママ、少し歩きたいよ、って。
少し歩いて、”うん”をつけて、帰宅しました。

帰宅後の夕食。
食欲はOK。
ただね、食べた後、いつもはお水を飲んで寝てしまうのに、
なにかを訴える・・・
もっと何かくださいな、っていってるのかなぁ。

そして、今朝。
いつもの朝にほっ。

朝一散歩で立ち止まることなく歩けたし、
排便排尿もいつもどおり。
もっと歩こうよ、とのリクエストもあった。
ごはんの支度をしていたら、
キッチンに入ってきた・・・
昨日は寝てたんだよね。

ただ、ごはんのあと、やっぱりすわって、ママに何か訴えてる・・・
パパさん不在で、
美味しいおまけをもらうことなくて、
ママ、ちょっと考えて、とでも言ってる?

最近、頑固なおじいちゃん、と言われているラウルス。
どこも悪いところがありませんように。
頑固さがバージョンアップしただけ、って笑って終えますように。
今日もいつもの一日が過ごせますように。

今、こんな風に寝ています。
f0363141_831177.jpg

[PR]

by ff-danke | 2017-01-08 08:32 | ラウルス | Comments(0)  

お正月疲れかな・・・

昼散歩のとき、
動かなくなっちゃったラウルスです。

ほんとはね、アルクスからリクエストされて、
ちょこっと歩こうかな、と支度を始めたのだけれど、
ラウルスも起きてきて、
ボクも行きますよ、っていうものだから、
ラウルスからの散歩にしたのだけれど・・・

最初はいつも通りに歩いていたのに、
自分のリクエストコースでなかったのか、足が止まりました。
時々あることだから、
気にしないでコースを変えながら歩いたのだけれど、
とまり過ぎる。
歩き方、おかしいかな。
なにかあったかな、と心配になりました。

ボールを転がしながら、帰宅しました。

次にアルクスの散歩に行き、
戻ると、寝ていたのだけれど、
なんだか、いつもとちがうような。

ただのお正月疲れ?
大丈夫だよね。
どこか、痛いとかある?
f0363141_13234542.jpg

[PR]

by ff-danke | 2017-01-07 13:24 | ラウルス | Comments(0)  

磨きがかかるマイペース

小さい頃からマイペースだったラウルスだけれど、
このところ、ますます磨きがかかってます。
頑固爺さん、とも呼ばれてます。

河口湖へ行ったときの散歩のときも・・・
ラウルス的には、
散歩に快適な条件がそろってなかったようです。
行きはどなどなど~なの歩き方。
途中でとまって、もう先には行きたくない、なんて主張も。
f0363141_14351869.jpg
帰りはね、
一歩先へ。
元気に先頭きって歩いてました。
f0363141_14354118.jpg
だってね、近くにこんなお店があったんだものね。
一度行ったことのある美味しいお店の前では、
歩きません。
ココ、寄ります。
そんな主張をすることがよくあります。
f0363141_1438844.jpg
今回は、ランチを先に、と思って寄ったのだけれど、
名前を書いて待つ、なんてことに。
で、林へ向かったのだけれど、
ラウルスにはお店スルーか、とおもったのかな(笑)

お散歩の後、こんなランチで一息入れました。
もちろん、おふたりさんにも少しだけお裾分け。
f0363141_14424798.jpg
f0363141_1443025.jpg
で、もう美味しいものはないな、と思うと、
フセ、でなく横寝。
f0363141_14492859.jpg
アルクスは、いつでもスイッチオン(笑)
若さかな。
個性かな。
f0363141_14515786.jpg

[PR]

by ff-danke | 2016-07-04 14:52 | ラウルス | Comments(0)